浄化槽メンテナンスSEPTIC

浄化槽について

浄化槽とは、し尿と併せて雑排水を処理し、下水道以外に放流するための設備又は施設であり
河川、湖沼、海域等の公共用水域の水質汚濁の防止に大きく寄与するものとされています。
かつては、公共下水道が導入されるまでの間、便所を水洗化するための「暫定施設」と認識されがちでしたが、
近年では、比較的安価に、短い工期で設置でき、下水道と同等の放流水質まで浄化槽の処理機能が向上しており、
今後は、下水道と並ぶ「恒久施設」として、その役割はますます大きくなっています。

浄化槽の正しい使い方

浄化槽は、公共下水道や農・漁業集落排水処理施設などの大規模な処理施設と比べ、容量の小さな浄化槽の中で、活性汚泥(微生物)が汚水を浄化していますので、ちょっとしたことで微生物が死んでしまうこともあります。
微生物が働きやすい環境を常に維持するため、次のことを守って、浄化槽を正しく使ってください。

  • 槽内には異物(新聞紙、ダバコの吸がら、ゴム類、綿など)を投入しないで下さい。
  • トイレットペーパーは、水に溶けやすいものを使用してください。
    多量に使いすぎますと短期間で汚泥量が多くなり、清掃の時期が早まります。
  • タイルの漂白剤、クレゾール、中性洗剤などを使用すると浄化槽内の微生物を死滅させるなど、浄化槽に悪影響を与える場合があります。
  • 便器の掃除には、水又はぬるま湯を使用してください。
  • 浄化槽の上には、荷物や車を置かないでください。
  • モーターを使用している浄化槽は、電源を切らないで、常時運転してください。
  • ばっ気装置は、熱を持つことがありますので、カバーの上や、その周囲には、燃えやすい物を置かないでください。
  • 浄化槽の放流水は、衛生上支障のないよう消毒しなければいけません。

年一回以上の清掃が必要です!

浄化槽は、使用しているうちに次第に汚泥が蓄積されます。
浄化槽の機能を十分に発揮させるためには、汚泥が一定量になったら取り除かなければなりません。
また、槽内の汚物、異物その他機能上支障となるものも取り除かなければなりません。
清掃回数は年1回(全ばっ気方式はおおむね6か月に1回)以上です。
清掃は、市町村長の許可を受けた浄化槽清掃業者にしかできません。

定期検査は必ず受けましょう。

浄化槽管理者(個人の場合は使用者)は、浄化槽を設置し、使用開始した後、6~8か月に1回と毎年1回、指定検査機関の行う検査を受けなければなりません。

浄化槽メンテナンス

浄化槽の保守点検

3~4ヶ月に1回定期的な水質検査、機器類の調整、消毒液の補充等を行います。

登録業者による保守点検を

浄化槽が正常に動いているかどうかを定期的に点検することによって、故障を早く発見できるばかりでなく、また、清掃の時期を判断するうえで非常に重要なことです。
浄化槽の点検を行う際には、県知事の登録を受けた専門的知識や技術を持った保守点検業者に委託しましょう。

点検内容

浄化槽の正常な機能の維持のために、浄化槽の本体や空気を送り込むブロアー等の付属品の点検、汚泥の検査及び調整、消毒薬の点検・補充等を行います。

浄化槽清掃

浄化槽の正常な機能を保つため、必要に応じて汚泥を引き抜きします。

浄化槽工事

浄化槽の新規設置・単独浄化槽や汲み取り式トイレ等から合併浄化槽への転換工事、浄化槽から本下水への切替・接続工事などを行います。

し尿収集運搬

野田市内のし尿汲み取り業務を行なっています。

その他

機器類の修理、トイレ等の詰まり処理、排水管の高圧洗浄等を行なっております。